SONYの新型APSC機のα6100とα6600が発表されました

今SONYの発表が終わったばかりなので不完全ですが投稿します

動画を投稿しましたのでよろしければご覧ください

こちらは発表前の予想です。 4k30pまでの予想は当たりましたね。

α6100とα6600の主なスペック

α6100α6600
価格 750ドル1400ドル
発売日 2019年10月 2019年11月
重さ 396g 503g
連続撮影速度 最高約11コマ/秒 最高約11コマ/秒
動画 4K30p 4K30p
EVF 144万ドットEVF 236万ドット
画素数 24MP 24MP

率直な感想は4K60pが撮れないのでかなり微妙です。

F2.8のレンズは魅力的ですがこのレンズは500g近いので

耐荷重800gの小型ジンバルに搭載できないのが欠点ですね

なのでα6600を購入するとしたらF4通しの18mm 105mmになるかなあ

それでも800g超えるけどね。youtubeの動画を見てると

PILOTFLY TRAVELERに載せる場合動作はするみたいです。

ただ写真がメインの人は即買いレベルの商品だと思います。

自分が写真メインなら買いたいですね

これがフラッグシップということはまさかAPSC機の4k60pは

2~3年後なのかな? それで他社と対抗できるのかな?

そこが非常に疑問です

またカタログが公開されましたのでリンクを貼っておきます

https://drive.google.com/file/d/1C0KYZc1t51Q89rllAroD_6BnxNetV5cJ/view

レンズは2種類発表されました

E 16-55mm F2.8 G(SEL1655G) と E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G)

E 16-55mm F2.8 G(SEL1655G) のスペック

フィルター径 67mm
重さ 494g
最大撮影倍率 0.2倍
最短撮影距離 0.33m
レンズ構成 12群17枚
絞り羽根 9枚
手振れ補正&パワーズームなし

重さは494g 価格は1400ドルで 2019年10月発売予定です

このレンズ素晴らしいとは思いますがレンズに手振れ補正は付いてないっぽいですね

なのでα6400と一緒に使うのは厳しそうですね

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G) は

価格は1000ドル 価格は625日g 2019年11月発売予定です

フィルター径 67mm
重さ 625g
最大撮影倍率 0.23倍
最短撮影距離 1.10m
レンズ構成 13群19枚
絞り羽根 7枚
手振れ補正あり

こちらは手振れ補正が付いてるみたいですね 遠くから撮影する花火とか

動物、野鳥とかなんかは良さそうですね

α9のアップデートも9月に行われるみたいです

リアルタイム動物AF タイムラプス機能の強化みたいです

下の表は後日完成させます

α6400 α6500 α6600
有効画素数 約2420万画素 約2420万画素
測距点 425点 425点
常用ISO感度 ISO100~32000 ISO100~32000
シャッター速度 1/4000秒~30秒、バルブ
連続撮影速度 最高約11コマ/秒 最高約11コマ/秒
液晶モニター ワイド3.0型/約92万ドット
Wi-Fi搭載
NFC搭載
Bluetooth搭載
大きさ 120.0×66.9×59.7mm
質量 (バッテリー&カード) 約403g 503g
使用電池 NP-FW50 Zバッテリー
寸法 約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 59.7 (奥行き)mm
動画4k30p 4k30p 4k30p
手振れ補正5軸手振れ補正 5軸手振れ補正

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事