2019年の5月から本格的にGH5Sをジンバルを

使用してyoutube上に70本弱の観光地紹介動画を投稿しています

GH5Sを使用して1年以上経つので良い点、悪い点を書いていこうと思います

今回はyoutuber向けの記事になります。

現在は100本以下の観光地紹介動画ですが将来的には500本以上を目指すので

もしよろしければサイト右上のボタンからチャンネル登録お願いします

GH5Sの良い点&悪い点

色々書きたいことがあるのですがまず良い点として

高感度性能が高い

関西の観光地を色々撮影していますが撮影は昼だけでなく夜間も撮影することになります

夜間撮影にも色々あって花火、市街地、寺や神社などがありますが

その中で高感度性能が特に必要なのは神社や寺の撮影です。昔ながらの建築物ですので

人口的な光源が無い場合が多かったり、各地でよく行われる万燈篭系のイベントは

明かりが暗く、周りに光源が無いため、普通のマイクロフォーサーズ機だと

ノイズだらけの映像になってしまいます。

万燈篭系のイベントは以下にリンクを貼っておきますので参考にしてみてください

このイベントではGH5Sにパナライカの8mm~18mmを使用しています。

あとは遠くから撮影する花火も高感度性能の高いカメラが必要です

ただ私は望遠レンズを所有していないのと近くで花火を撮影しているので現状は

問題となっていません。

通常高感度耐性が高いカメラとなるとフルサイズ機になるのですが望遠のフルサイズレンズとなると

かなり大きくyoutuberが使えるレベルではありませんので遠くから花火や飛行機を

撮影したい方もこのカメラは良いと思います youtuberには携帯性は最重要です。

GH5だとISO3200で厳しい映像になりますが

GH5SならISO感度6400位までなら普通に使えると思います

log撮影が標準で使用することができる

GH5は有料のキーを購入しないとlog撮影ができませんがGH5Sは標準でlog撮影を

することができます。 後からカラグレをして自分好みの色に変更したい場合は重宝すると思います

私も8bitでlog撮影していますがカラグレの耐性が10bitよりも低いのでちょっといじると

破綻してしまいます。 なので8bitで撮影するのであればデフォルトで撮影するか

ほんの少しいじるだけが良いと思います。 まあ白飛びがしにくくなるので安定感はあります

将来的には10bitでも撮影したいのですがファイルサイズが大きくなるのと

PCでの編集に時間がかかるので現状は8bitで撮影しています。4k10bitはかなりPCが重いです

youtubeでは動画の投稿頻度の方が重視される傾向にあるみたいで

今のところ8bitで良いかなと思っています

GH5と比べてAFの精度が良い

GH5と比べてAFの精度が良いです。ただし70本弱の関西の観光動画を投稿してきて

思ったのは昼に花を撮影するときにピントが合わないことが結構あります。

なのでマニュアルに変更して撮影しています。 花もバシバシピントが決まるカメラが

発売されると良いのですがここは次世代に期待ですね。

あと夜間撮影時にピントが迷うことが非常に多いです。

なので花火大会が終わった後の帰宅動画を撮影していてもピントが結構迷って

映像として使えないことがありました。マニュアルで撮影しようにも

人が非常に多く立ち止まれないためどうしてもAFに頼らないといけません

なので暗所でもピントが迷わないカメラが欲しいですね

あと夜間だけでなく、日中でも暗めの室内に入るとピントが合わないことが結構ありました。

自分は初めて行く場所では日中でも日影の部分等があるためGH5ではなくGH5Sを

持っていきますが暗いと結構な頻度でAFが迷います。

GH5Sの悪い点

ミラーレス一眼の中でも動画に特化しているGH5Sはメリットが非常に多いですが

当然デメリットもあります。私は商品購入する際、「デメリットをどれだけ許容できるか」に

注目して検討するので皆さんの参考になれば幸いです。

液晶モニタが見にくい

普段ジンバルに載せてGH5Sを使用しているとEVFを除くことがまずありません。

自分は1年以上撮影してますがほぼ液晶モニタを使用しています。

夜間は大丈夫ですが日差しの強い日は太陽の光でモニタがほぼ見えません。

ピントが合ってるのか外れてるのかわかりくいので感でやるしかないです

こういうのって特殊なフィルムをモニタに貼るのかな?

EVFを覗こうにもジンバルを使用してるとほぼ不可能だと思います。

一応手で覆うと見えるようになりますが何か対策は無いんでしょうかね?

自分は独学で1人でやってるので質問相手がいないところがキツイ所ではあります

まあやってて楽しいので今後も撮影しに行きますけどね

特に8月のひまわりの撮影では日差しが強くて撮影しにくかったです。

上の動画は万博記念公園で撮影したひまわりです

この日は気温も凄く暑くて撮影が大変でした。 ただ綺麗なひまわりを

沢山撮れて満足してます。

ボディ内手振れ補正が非搭載

上の動画を見ていただければわかると思いますが

GH5Sにはボディ内手振れ補正が付いていません。手振れ補正が付いてない分

GH5より少し軽かったりメリットはあるのですがそれでもデメリットの方が上回ります。

youtuberとして動画をいくつか撮影した後に、サムネイル用の写真を撮りたいとなった時に

手振れ補正が無いと晴天の屋外であればまだましですが建物内や日陰で撮影しようとすると

かなりぶれます。 コンパクトで質が高く軽量なレンズは手振れ補正が搭載されていないものが

多いのでレンズの手振れ補正も利用することができません。

一応ジンバルから制御して写真を撮ることはできますがやはり使いにくいです

なので現状GH5とGH5Sを2台持って行ってます。

約1kgのジンバルも持っていくので非常に重いです。 

最近は一日に複数本動画を撮ることも増えて来たのでこれらの荷物を

背負いながら撮影するのは結構大変ですね。

ただもう慣れたのかジンバル持って一駅歩くシリーズもやり始めました。

手振れ補正が搭載されたGH5Sが出るという噂がありましたが

発売される気配はないですね。

デメリットはあるが現状youtuber最強カメラ

GH5Sは2019年9月時点でyoutuber最強カメラだと思います。

時間無制限で4k60pが撮れる

log撮影が標準搭載

フルHDならハイスピード撮影も余裕

4k30pまでなら10bit内部収録が可能

パナソニック製なのでインターフェースが非常に使いやすい

システムがコンパクトなのにフルサイズに迫る暗所性能

マイクロフォーサーズはレンズの種類が豊富

現状PCのスペック的にも8Kの編集が非常に難しいので

以上のメリットを見ても手振れ補正が無いことが気にならなければ

2025年の大阪万博まで余裕で現役でいられるカメラだと思います。

今後も関西の観光地を解説しながら撮影していくので

よろしければ右上のボタンからチャンネル登録お願いします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事