以前SENNHEISER MKH416を購入した時の動画を投稿しましたが

あれから少し経ちましたので現時点でのレビューをしたいと思います。

マイクの開封、動画は以下をご覧ください。


こちらの音声比較は設定をミスったので参考程度でお願いします。

音質はyoutubeチャンネルの最新動画を見られた方が良いと思います。

良かった所

編集ソフトでゲインを結構上げてもノイズが無い

ピンマイクと違いカメラに直接装着するので編集時に音声同期の必要が無い

電池式ではないので電池切れの心配がない

編集ソフトでゲインを結構上げてもノイズが無い

編集ソフトはadobeのpremire proを使用していますがゲインを8~10程上げても

ノイズが全く聞こえません。このマイクの前に使用していたDR10-LというTASCAMの

ピンマイクがあるのですが、同じくらいゲインを上げると少しノイズが出ます。

BGMを付けるのであればピンマイクでも気にならないですが雑談動画は

BGMを使用しないのでノイズが全くでないこのマイクはやはり凄いですね。

後からadobe audition等の音声編集ソフトを使用することなく編集ソフトのみで完結するため

時間の節約にもなります。 youtuberレベルであれば十分だと思います。

だいぶ前からこのマイクの評判を知っていましたが、愛用される理由がよくわかります。

カメラに直接装着するので編集時に音声同期の必要が無い

ピンマイクを使用して音声を録音する場合、後から音声と映像を同期させる必要があります

自分の環境ではマルチカメラを使用しているため、マルチカメラシーケンスを作成してから

音声同期をする必要があります。これが結構面倒です。

GH5等のカメラと直接接続することによって後から同期しなくて良いため

非常に使い勝手が良いです。

電池式ではないので電池切れの心配がない

ミラーレスカメラに取り付けるマイクには電池式のものが多くあります。

電池式の場合、途中で電池切れになることがあるので安心して撮影ができません。

自分は室内撮影のみで使用していますが、外で撮影される方は電池が切れると

致命的ですよね。このMHK416は電池式ではないため非常に安心感があります。

良くないところ

少し長い

GH5等のカメラに取り付ける場合、別でショックマウントを購入する必要がある

ガンマイクなので正面を向いてしゃべらないと音声が聞き取りにくくなる

少し長い

長さが少し長いので外で撮影する場合は気になるかもしれないです。

ただこの点に関してはマイクを少し遠ざけても音がしっかりとれるので

自分はあまり気にはなりません。 小型のマイクだと音声をしっかりとらないものも

あるためコンパクトさを取るのか音質を取るのかどちらが自分に合うのかを

検討されるのが良いかと思います。

GH5等のカメラに取り付ける場合、別でショックマウントを購入する必要がある

これが結構落とし穴でした。 プロ用のマイクを購入したことが無いため

普通にカメラに取り付けることができると思っていましたが

別でショックマウント等の土台が必要です。

自分が購入したのはMZS600というマウントですが約3000円します。

余計な出費になってしまったのが痛かったです。

ただこのショックマウントは非常に優秀でデザインも気に入ってるため買って良かった

と思っています。

正面を向いてしゃべらないと音声が聞き取りにくくなる

正面方向の音声は非常に良くとれるのですが横を向いたりすると音質が変わってしまいます。

なので部屋の中を動き回ったりする場合はピンマイクの方が良いです。

自分の撮影スタイルに合わせて使用するのが良いですね。

最後に

いかがだったでしょうか? 今回紹介したマイクは非常に高いですが

マイクというのはよほど乱暴に使用しない限りは1、2年で壊れないため

高性能マイクを購入しました。以前使用していたマイクも6年以上使用していて

いまだ現役なのでこのマイクも末永く使っていければと思います。

色んな商品のレビューをしていますのでよろしければチャンネル登録お願いします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事