9月20日に発売予定のappleのiphone 11 proを予約したので

購入するに至った理由を書いていこうと思います

理由1:夜でも撮影できる小型カメラが欲しかった

現在のスマホはiphoneXなのですが夜間となると一眼レフと比べて

暗所性能が弱いので非常に厳しく結局GH5に明るいレンズを持って行って

いました。iphone 11 proはナイトモードがあるので使えるのではないか?

と思ったのが一つの理由です。 

関西の観光地を紹介しているyoutuberとしてどうしても夜撮影が必要なので

ナイトモードがどういったものになるのか非常に気になるところではあります。

動画機としての夜間撮影は厳しいでしょうけど写真機として夜間撮影が

できるのではないかと期待しています。

理由:2 マイクロフォーサーズ機では撮れない写真が撮れる

現在使用しているカメラはGH5SとGH5を使用しているのですが一番広角に取れる

レンズで14mm(35mm換算値)です。iphone11 proは13mmの超広角レンズを搭載してるので

どういった写真が撮れるのか非常に興味があります。

今までスマートフォンは一眼レフの下位互換みたいな感じで捉えてましたが

今回のiphoneでは完全に一眼レフから独立した感じになりました。

マイクロフォーサーズ機では撮れない写真が撮れるというのは非常に魅力的です。

理由:3 3つのレンズが魅力的

iphone11は2つのレンズですがiphone11 proは3つのレンズが搭載されています。

1:13mm F2.4 の超広角レンズ

2:26mm F1.8の広角レンズ

3:52mm F2.0の望遠レンズ

スマホ1台で13mm~52mmの画角で写真が撮れるのは非常に魅力的です。

これを一眼レフでそろえようと思うと最低でもレンズ2本は必要です。

多くの標準レンズの画角の開始は24mmスタートが多いのでそれ以上広角となってくると

レンズがもう一つ必要なんですよね。勿論一眼レフの方が暗所性能が強かったり、

解像度が高かったりメリットもあるのですが何よりスマホに3つもレンズが付いてるのが

驚きですよね。

理由:4 インカメラ(前面)の性能がアップした。

インカメラの画総数が700万画素から1200万画素にパワーアップしました。

背面カメラよりも画質面ではやや劣るようですがそれでも以前よりかはインカメラを

使える機会が増えるのではないかと期待しています。

自分は自撮りをほぼしないのですが画角も以前より広角になってるみたいです。

インカメラでも背面カメラと同じような使い方ができるため

飲食店で料理を撮影しながらスマホの画面を確認できるので使い勝手が

向上しますね。 今までだと画質が落ちるため背面カメラで撮ってたので画面の確認が

できませんでした。 インカメラが実用的になったことによって撮影の幅も広がりますね

理由:5 複数のレンズで同時録画ができる

専用のアプリを使用すれば複数のレンズで同時録画ができるようです。

この機能は画期的で一眼レフで同じことをしようと思えばカメラボディ2台と

レンズが2本要ります。 それがスマホ一台で広角と望遠が使えるなんて

夢のようですね。  スマホで本格的な映像も今までより簡単に撮影できるようになりました

まとめ 早く買って色々テストしたいです

そのほかにも広角レンズでのポートレートモードの精度が上がったり

proシリーズでは画面の性能が上がっていたり、face IDも進化してたりと

気になることがいっぱいあります。

発売は9月20日なので当日ゲットして色々遊んでみたいですね。

開封動画は当日投稿予定なのでもしよろしければチャンネル登録お願いします

ちなみに普段は関西の観光地の紹介動画を投稿しています。

11月は京都の紅葉を見に行こうと思っているのでその時にもiphoneで色々撮影したいですね

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事