皆さんこんにちは今回は私が関西の観光地やイベント、公園等の動画を120本以上紹介してきた中で

youtuberにおすすめのミラーレス一眼カメラを紹介していきたいと思います。

今回はメーカー別にメリットデメリットを紹介していきます。

まずポイントとして商品を購入する前に自分が購入するカメラのデメリットを洗い出し、

そのデメリットが自分にとって許容できるのであれば買いです。 

デメリットの無い商品は存在しないので悪い所を知ることにより

満足度の高い買い物ができると思っています。

それでは行きましょう!

第一候補 パナソニック

パナソニックは古くから動画に特化しているカメラを出しているメーカーで

多くのyoutuberが使用しているメーカーでもあります。

まずメーカーの特徴として

■手振れ補正に定評のあるメーカー

■ インターフェースが他メーカーよりも使いやすい

■ マイクロフォーサーズとフルサイズを展開

■ フルサイズは高い、重い、デカいの三重苦だが画質は超一級品

①パナソニックは手振れ補正に定評があり、GH5にも強力な手振れ補正が

付いてますし、フルサイズのS1、S1R、S1Hにはさらに超強力な

手振れ補正機構が備わっています。 一部のレンズと組み合わせることにより

ボディと協調してさらにブレを抑えるとこができるDual I.S.2に対応しています。

②パナソニックのインターフェースは初心者でもとっつきやすく

ボタン配置等もわかりやすくなっています。

③マイクロフォーサーズ以外にも最近フルサイズカメラも展開

していますのでマイクロフォーサーズを使用しのちにフルサイズに移行するといった

こともできます。(レンズの共有はできませんが)

メーカーが同じなので移行しても扱いやすいと思います。

④パナソニックのフルサイズは現状でサイズが他社と比べて大きいです

ボディのみで1kgを超え、またレンズもかなりでかいです。

映像を追求する人には良いですが初心者にはオーバースペック過ぎると思います

以上がパナソニックの特徴です。 それではこれからおすすめのカメラを紹介します

パナソニックGH5,GH5S,GH4

youtuberの中でもトップクラスの使用率を誇るのがパナソニックのGHシリーズです

①GH4

発売してからもうすぐ6年経ちますが未だyoutuberでは現役で使用している方も

多くいます。 また現在GH5等のサブ機として使っている方もいます

GH5やGH5Sと比べた欠点としては

①30分制限がある

②4K30pまでしか撮れない

③ボディ内手振れ補正が無い(これはGH5Sも無いです)

④シングルスロット

⑤動画録画中に設定変更できない

等のデメリットがあります。 正直今となっては屋外で積極的に使うのは

厳しく室内や屋外で三脚に立てて使用するのであれば現在でも十分使えます

さすがに約6年前の機種なのでAF等は劣りますが高性能なレンズを付ければ

十分戦えます。値段も価格コム最安値で8万円を切ってるので

安いのもポイントです。

②GH5

カメラのことをあまりわかっていないyoutuberでもなぜか持ってる

youtuber御用達カメラそれがGH5です。

GH4と比べて色々進化しており手振れ補正が追加されていたり

4K60Pが撮れたり、時間無制限記録ができたり、SDカードダブルスロットと

youtuberに必要な機能が一通りそろっています。

あと追加のキーを有料で購入すればlog撮影もできるので

シネマティックな映像を撮りたい方もおすすめです。

他にも凄い所があって4k30pまで10bit内部収録に対応しています。

10bitで録画することにより後から色をいじっても破綻しにくいので

映像作品を作りたい方にもおすすめです。

カメラ1台で室内撮影する場合はGH4でも問題ないですが2台以上でマルチカメラ

撮影をする場合は30分制限があると異常に面倒なのでマルチカム撮影に興味が

有る方はこのGH5と後から紹介するG8が良いのではないかと思います。

youtuberにとってはサムネイルも非常に重要なので4kフォトや6Kフォトも使える

GH5はおすすめのカメラです。

そんなGH5にもデメリットがあり

①GH4よりかはましだが今となってはAFが微妙

②ISO感度3200辺りから厳しいので夜間撮影に向かない

③バッテリーの持ちがGH4と比べて悪くまた重量も700gを超える

夜撮影をしないのであればこのカメラは非常におすすめです

ただ多くのyoutuberにとってはオーバースペックかもしれませんが

逆に考えると個人的には4K60pが撮れるのであと5年は普通に戦えると

思います。(2025年大阪万博まで持つよこのカメラは)

バッテリーの持ちに関しては4時間の撮影でフルHD60pで撮影しても

1回の交換で済んだので2つバッテリーを持ってれば自分にとっては

十分でした

③GH5S

自分が考える2020年3月時点での最強動画機GH5S

GH5からさらに進化しているポイントがあり

①フルサイズにやや劣るくらいの暗所性能

②GH5よりAFが進化している

③240fpsのスロー撮影が可能

④ シネマ4K(4096×2160) 60p が時間無制限で撮れる化け物仕様

⑤有料キーを購入しなくても最初からlog撮影ができる

⑥ デュアルネイティブISOとかいう業務用カメラに使用されている技術が搭載

GH5はISO感度3200でノイズがかなり目立ちますがGH5SはISO6400でも

普通に綺麗な映像で撮影できるので夜間撮影したい方はおすすめです。

ただ暗所性能が強くなった反面ボディ内手振れ補正が無くなったため

基本的に三脚かジンバル運用前提となります。

ジンバルはこんな感じの機材でボディに手振れ補正が無くても

滑らかな映像が撮れる優れものです。

これで撮影すると歩きながらの手持ち撮影に戻れなくなります

ただしオリンパスの12mm~100mm F4 Proレンズを装着すると

GH5等必要無いくらいに大化けします。

このレンズには強力な手振れ補正が付いていて換算200mmでも

固定のカットであれば普通に使えるレベルの映像が撮れます。

レビューの動画を投稿してますのでよろしければご覧ください

個人的にはこのレンズとGH5Sの組み合わせが現状で最強の組み合わせかなと思っています。

あとから紹介するパナソニックのSシリーズは大きくて重いので

ジンバルを使用して4時間程度歩く自分には向かないのでGH5Sが総合力でおすすめです

ジンバルを使用しないのであればGH5やそのあとに紹介するG8が良いでしょう

G8

昔持ってたのですがα6400を購入する際に売ってしまって後悔しています。

G8は先ほどのGHシリーズよりも機能では劣りますが

手振れ補正やバリアングル液晶も搭載されています

撮影時間も約60分弱連続して撮れるので少々の長回しでも耐えられます。

あと4k30pまで撮れるのもポイントです。

最初のうちは無理に4kで動画を上げなくてもフルHDで十分なので

フルHD60pで撮影するのであればコストパフォーマンスが非常に

良いカメラかなと思います。

なによりこのカメラかなり安いです。値段はGH4と同じくらいの8万弱です

自分は中古で5万台で購入できたので中古で買うのもおすすめです。

GHシリーズより非常にコンパクトなのであまり大きなカメラを嫌がる女性にもおすすめです。

G8には手振れ補正が付いてるのでGH4よりも良いんじゃないかなと思います。

まとめ

GH5 夜間撮影しないのであればおすすめ

GH5S ジンバルに載せたりオリンパス12mm~100mmを購入できるなら現時点で最強 ただ高い

G8   価格がお手頃&コンパクトだがバッテリーの持ちが気になる

GH4 G8と好きな方で良いよ

他にも候補としてGX7 mk3やGF10等もありますが個人的にはG8で良いんじゃないかと思います

第二候補 ソニー

ソニーもyoutuberにとっておすすめのカメラです。

まずソニーの特徴として

■他社と比べてカメラボディやレンズがコンパクト

■ 凄まじいAF性能

■ 他社より先行してフルサイズミラーレスを販売してるので

レンズのラインナップが豊富

まず致命的な欠点として2020年3月時点で4k30pまでしか撮れず

さらに10bit撮影ができません。

毎年のようにカメラを買い替える人であれば問題ないですが

普通3年から5年使うと思うので5年先まで4k30しか撮れない

のは頭の中に入れておきましょう。

4k30pしか撮れないということは

実質フルHD30pまでしか撮れないのと同じなのでそこがきついんですよね

(フルHD60pのシーケンスに4K30Pを放り込むとおかしくなるため)

ひとまず中古を買って4k60pが撮れるカメラが発売されれば

乗り換えるのがお勧めです。

youtuberに持ってる人が非常に多いので情報を集めやすいのは利点です

AFも超優秀でコンパクトなので女性にも人気になっています。

あと家電量販店等のランキングで上位を独占することも多いので

関連動画にのることがほぼすべてのyoutubeでは再生数を取りやすいのもポイント

(再生数を取るためだけにα7Ⅲを購入する人もいるとかいないとか)

SONYおすすめカメラとしては

α7Ⅲ

α6600

α6400

α6500

α7sⅡ

この5つくらいでしょうか 順番に説明していきます

α7Ⅲ

フルサイズミラーレス入門機として超売れているソニーのカメラ

発売から大分たってますが他社より先行してフルサイズミレーレスの地位を築いてきたので

ユーザーからの信頼も厚く、上位機種のα7RⅢは他者から乗り換えするプロも出たほど

何よりこのカメラはフルサイズなのにコストパフォーマンスが非常に良く

ソニーでとりあえずフルサイズという方には非常におすすめのカメラです

ただ噂では2020年に新型が出るかもしれないので中古での購入がおすすめです。

欠点として

①バリアングル液晶で無い

②4k30pまでしか撮れない

③10bit撮れない

他にもありますが4kや10bitはyoutubeをやり始めの方は不要なので

そこまで気にならないと思います。

あと現状でかなり売れてるカメラなので変な話

youtubeで再生数取りたきゃα7Ⅲのレビューやアタッチメントを紹介するだけで

それなりに伸びます。

α6600、6400、6500

メーカーはソニーが良いけどもフルサイズは嫌だと言うあなた

α6000シリーズはいかがでしょうか

フルサイズはボディは小さいがレンズは非常に大きいので総重量は結構重くなります

女性にはもう少し軽い方が良いと思いますのでα6000シリーズをお勧めします

α6600の特徴は

①2020年3月時点での6000シリーズ最新機種

②超絶AF性能

③ボディ内手振れ補正搭載

④バッテリーがα6400よりも長持ち

⑤ただ他2種に比べて一番高い

⑥フルサイズより総重量は軽いので女性におすすめ

α6400は6600と比べるとボディ内手振れ補正が無いのと

バッテリーの持ちが悪いのが欠点ですが6600よりも安く

ボディ単体で10万前後と安くなってます。凄まじいAFは健在で自分も

サブカメラとして持っています。

α6500はα6600の弟分で

ボディ内手振れ補正は付いてますがAF性能は6600に劣ります

値段も6600より安いので予算が厳しければ6500もありです。

注意点としてα6500だけは液晶を180度回転しての自撮りができないので

vlog等で気軽に自撮りを撮りたい方にはお勧めできません

顔出ししない方にはお勧めです

α7SⅡ

ソニーのフルサイズで暗所性能を重視するのであれば選択肢に入りますが

後継機が今年中旬以降に発売される噂があるのでどうしても欲しい場合は中古がおすすめ

ただyoutube初心者にとっては遥かにオーバースペックなため、他のカメラの方が良いです

このカメラでキャンプの炎を取るとかなり綺麗に撮れるよ

自分はこのカメラの後継機であるα7SⅢを購入する可能性が高いです。

次点でEOS R5

ソニーのまとめ

α7Ⅲ かなり売れてるので情報収集に困らない&フルサイズとしてはコスパ良し

α6600 フルサイズよりコンパクトで手振れ補正が付いてるので女性におすすめ

α6400 手振れ補正が不要で安く済ませたい場合におすすめ 自撮りもできる

α6500 手振れ補正があるが自撮りができない α6400とお好みで

こんな感じですかね

富士フィルム

数年前までは完全に写真機といったイメージだったが最近動画に力を入れ始めているメーカー

フィルムシミュレーションのエテルナの評価が高く、愛用者が多い

現状富士フィルムで動画機としておすすめするのであれば

XT4、XT30になると思います。 XT4に関しては4月28日の発売予定となっています。

XT4の特徴として

GH5Sでも無理な4K60p 10bit内部収録ができる化け物仕様

最大6.5段のボディ内手振れ補正が付いている

バリアングル液晶

フルHD240Pのハイスピード撮影

他にも機能は沢山あるがこれだけ見てもyoutubeで動画を上げてくださいと言わんばかりの

動画性能となっており後述のデメリットを除けばこの1台で5、6年は持つんじゃないかという

性能です。 暗所性能がGH5Sと比べてどの程度なのかは気になりますが

今からyoutubeを始めるのであれば間違いなくお勧めのカメラとなるでしょう

これ一台で写真も動画も十分撮れる夢の機材ですね。

そんなXT4にも弱点があり、それはこのカメラではなくセンサーサイズになります。

動画投稿歴が長くなれば長くなるほどフルサイズに興味が出てきます。

それはなぜかというと暗所性能が欲しくなるからです

次点でボケ味やレタッチ耐性ですかね。 あと超広角域もフルサイズが強いです。

ただ勘違いしやすいのはセンサーサイズが大きいほど良いのかというとそうではないです

フルサイズもデメリットがあり「高いデカい重い」の三重苦で特に望遠レンズはかなり重くて

高いので三脚必須となっています。

これらのデメリットを考慮しそれでもフルサイズに移行したいとなっても

富士フィルムはフルサイズセンサーのカメラを発売していないため

移行できません。 それより大きなセンサーサイズのカメラも有りますが一般向けではありません

このことが富士フィルムのカメラを購入する際のデメリットとなります

今後APSCのセンサーサイズしか使わないと決めているのであれば

現時点ではトップクラスにおすすめのカメラです。

時点でXT30は機能は落ちますが価格が安いのでこれもおすすめのカメラです。

キヤノン

キャノンは去年フルサイズミラーレスに参入しましたが残念ながら

動画機としては満足のいくカメラを出していないので現時点ではおすすめできないメーカーです

ただしEOSR5が発表されてからは風向きが変わりつつあり、

いよいよキヤノンも動画に力を入れてきました。

プロの写真業界ではキヤノンが圧倒的に多く写真家に動画作成の案件も増えているため

ここでEOSR5を出してきたのは妥当かなと思います。 早く出さないとソニーに移行されるしね

EOSR5の機能もすさまじく何と8K30pが撮れます。

強力なボディ内手振れ補正はもちろんバリアングルも付いてます

ただyoutuberに8Kが必要かと言われれば現状必要ないですが

このカメラもXT4同様5年先でも余裕で使えるスペックなのでキヤノンで動画を真剣に

撮影したいのであればおすすめのカメラです。

ただ発売時期が未定なのと価格がおそらく50万前後するので

すぐに欲しい方は別のメーカーが良いでしょう

あとフルサイズミラーレスの参入がソニーに比べて数年遅れているため

レンズのラインナップが少ないのが致命的です。 特に明るい広角単焦点

(今から始める人は一眼レフ時代のレンズ資産も無いでしょうし)

ニコン

アップデートでRAW外部記録できるようになったとは言えキヤノン以上に

動画機として現状お勧めできないメーカーです

もともとニコンのカメラを持っている人か人と同じカメラを導入したくない

猛虎魂ではなくクリエイター魂を感じる方以外は手を出さない方が良いでしょう。

ニコンを使用しているyoutuberも他メーカーと比べて圧倒的に少ないです。

ですので情報が集めにくいといった欠点があるので初心者には微妙ですね

現在ニコンを使用している方には非常に申し訳ないですが

カメラの前やブログの記事で当たり障りのないことばっかり言っても仕方ないので

はっきり書かせていただきました。

まあ今後の改善に期待ですね。

オリンパス

このメーカーもニコンと同じく写真機としては非常におすすめできますが

動画機としては全くお勧めできません。

オリンパスはパナソニックと同じマイクロフォーサーズ規格なので

一部を除いてボディサイスがコンパクトでレンズもコンパクトです。

ボディはおすすめできませんが、オリンパスのProレンズのクオリティーは非常に評価が高く

自分もボディはパナソニックでレンズはオリンパスを使うことが多いです

折角良いレンズを発売しているのに動画機が無いのは非常に寂しいですね。

業績も良くないみたいなのでここで動画に舵をきらないと

他のメーカに置いていかれるのではといった不安もあります。

これからは動画の時代 このことをどれだけ理解しているかですね。

かなり主観が入っているまとめ

以上を踏まえると

何が何でもチャンネル登録者&再生数や! わいは有名youtuberになるんや!という方は

現状一番売れているソニー α7Ⅲ(中古)

将来的にフルサイズに移行するかもしれんが今は金が無いという方

α6600,6400,6500(中古)

長時間録画&使いやすい操作性を求める方,4k60P,10bit撮影できないソニーを煽りたい方はパナソニック

GH5

ジンバルを持って夜も含めてガチで映像を撮りたい方 (現時点で総合力ではNO.1)

GH5S (手持ち撮影する場合はオリンパス12mm~100mmF4が必要)

フルサイズに全く興味が無い方 富士フィルム

XT4 (2020年3月時点では未発売です)

以上ですかね かなり長くなったので後半大分カットしました。

今後とも色んな記事や動画を投稿していきますので

よろしければ右上のチャンネル登録ボタンから登録していただけるとありがたいです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事