チャンネル登録者1000人到達するために知っておいた方が良いこと

皆さんこんにちはMaepikaです。 今回はyoutubeで登録者1000人を達成するために

始める前に知っておいた方が良いことを書いていきたいと思います。

今回の内容を知っているのと知らないのとではチャンネルの成長が大きく

違ってくると思いますので参考にしていただければと思います。

記事を読むのが面倒な方はyoutubeで動画を投稿していますので

よろしければご覧ください。 今回の記事で書いてないことも喋っています。

あと動画では自分の動画がなぜ再生数が多いのか?少ないのか?を

個別に解説していますのでよろしければ見て頂ければと思います

動画は10分位にまとめてますのでラジオ代わりにどうぞ

それでは行ってみましょう!

1:チャンネル登録者の伸びはジャンルによる

youtubeを初めて結構経ってるのにチャンネル登録者が伸びないと

思っていませんが? それはジャンルが悪い可能性が高いです。

youtubeでチャンネル登録者を伸ばすためには需要があるジャンルで

投稿しないとかなり厳しいです。

本人がプロレベルの映像&編集クオリティであればマイナーなジャンルで独り勝ち

もあり得るかもしれませんがこのページを見ているという事はそういった技術は

持ってないと思います。 

やり始めたばかりのころはオリジナル動画を投稿しても誰にも見られないので

需要がある人気ジャンルで勝負しましょう! 人気ジャンルで1年やって

最低1000人のチャンネル登録者が増えなければ単純にセンスが無いので諦めた方が

良いと思います。 今後素人の動画はどんどん見られなくなってくるので

無理に続けても厳しいです。 チャンネル登録者1000人でさえチャンネル全体の10%以下

なのでほとんどのチャンネルは1000人未満です。

2:視聴者が求めてる動画を投稿する

昔のyoutubeでは「好きなことで生きていく」といったCMが流れていたと

思いますがあれは間違いです。 自分が好きなことと視聴者が見たい動画が

合っていると伸びていきますが多くの場合はそうではありません。

視聴者が求めている物を作る必要があります。 これがやり始めたばかりの人は

勘違いしている人が多いです。

伸ばしたければできるだけ関連動画にのりそうな動画を投稿する

それだけですね。 オリジナル動画はある程度固定ファンができてからでも

遅くはありません。

3:編集時間はほどほどに

動画をある程度投稿してると分かってくると思いますが

編集や撮影に凄く凝っても伸びなかったり、あまり力を入れていない動画が伸びることが

多々あります。 編集に力を入れすぎた結果投稿頻度が空きすぎると

逆効果となってしますので編集時間よりも視聴者が求めている動画の企画に

注力しましょう。 企画が優れていれば多少編集レベルが低くても

視聴者は最後まで見てくれます。

やり始めのころは最低でも週3本投稿することを目標に頑張ってみましょう

よく毎日投稿にこだわる人がいますが、やり始めのころはクオリティも

かなり低いと思うので質の低い動画を量産しても意味はありません。

それよりも週3本で良いので最低限視聴者が最後まで見られる動画を作りましょう!

4:炎上は避けよう!

最近「迷惑系youtuber」等といった周りに迷惑をかけ動画を投稿する人が

いますが真似をするのは絶対にやめましょう! 長期的に見ると良いことなど一つも無いです

基本的にお金に魂を売ってる人なので無視しましょう。

あれをやった所で自分が年を取った時に虚しいことに気づくだけです。

あと炎上するとそれを切っ掛けにアクセスが増えてチャンネル登録者が

増えるといったことが有りますが、炎上でチャンネル登録をする人は

「コイツのチャンネルを登録してるとまた炎上するかも」といった

面白半分で登録する人がいるだけで熱心なあなたのファンではありません。

数カ月経てば無駄にチャンネル登録者が多いだけで中身が無いチャンネルとなります。

チャンネル登録者の数もただの見せかけで実力は全くありません。

ただの裸の王様なので真似はしないようにしましょう。

あともう一つの理由としてyoutubeは競争がし烈で動画再生数の

広告収入だけではとてもじゃないですがチャンネルを運営していくことはできません。

なのである程度の資金力を付けるため案件や提供又は自分独自のサービスを展開していくことになるのですが

炎上系はまともな企業からは当然依頼は来ません。

あと強烈なアンチが沸き、道を歩いてると怒鳴られたり殴られたりするので

絶対に止めましょう!

5 動画時間は5分間に凝縮

youtubeに投稿する動画の時間はどのくらいが良いの?とお思いかもしれませんが

やり始めたばかりの頃はできるだけ短くしましょう。

なぜかと言うと視聴者が長い動画を見るのは既に知っている人、つまり

有名youtuberであれば30分以上見てもらえますがやり始めたばかりの無名

youtuberの動画を30分も見たいと思いますか? 普通は思わないと思います。

ですので初めは5分位がちょうど良いです。

チャンネル登録者が1000人以上、過去12カ月の総再生時間が4000時間

超えていれば収益が発生しますが1000人を超えていないため短い動画で

構いません。 まずあなたが投稿した動画を最後まで見てもらえることが重要です

8分以上の動画には広告が複数貼り付けられますがそもそも1000人以下

なので関係ありません。 1000人達成してから徐々に長い動画を投稿していって

視聴者維持率を上げていきましょう! またもう一つ短い動画を投稿するメリットが

あって初めのうちは動画の作り方が分からず動画構成が見るに堪えないものが多いです

そのような状況で長い動画を作っても視聴者維持率が悪くなりチャンネルにとって

良くありません。

また30分の動画を作るのと5分の動画を作るのとでは労力が全然違います

いきなり長尺の動画を作ってやる気が無くなると思います。

5分の動画でしたら3日に1本くらいなら投稿できると思いますので

まずは短い動画をできるだけ無駄を省いて投稿しましょう。

無駄を省くためにはカット処理は必須です。

カット編集は基本的な作業なので1日もあれば身につくと思います

カットで無駄な部分を極力減らし、ある程度情報がまとまった動画を作れば

必ず見てもらえるはずです。

こんな感じですかね。 他にも何か書きたいことが見つかったらまた記事を

書こうと思います。 youtubeで動画投稿をしていますので

もしよろしければ右上のチャンネル登録ボタンから登録していただけると幸いです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事