youtubeでガジェットレビュー動画を投稿中

チャンネル登録者1000人に到達するために絶対に知っておいた方が良いこと

目次

チャンネル登録者1000人到達するために知っておいた方が良いこと

皆さんこんにちはMaepikaです。 今回はyoutubeで登録者1000人を達成するために

始める前に知っておいた方が良いことを書いていきたいと思います。

今回の内容を知っているのと知らないのとではチャンネルの成長が大きく

違ってくると思いますので参考にしていただければと思います。

記事を読むのが面倒な方はyoutubeで動画を投稿していますので

よろしければご覧ください。 今回の記事で書いてないことも喋っています。

あと動画では自分の動画がなぜ再生数が多いのか?少ないのか?を

個別に解説していますのでよろしければ見て頂ければと思います

動画は10分位にまとめてますのでラジオ代わりにどうぞ

それでは行ってみましょう!

1:チャンネル登録者の伸びはジャンルによる

youtubeを初めて結構経ってるのにチャンネル登録者が伸びないと

思っていませんが? それはジャンルが悪い可能性が高いです。

youtubeでチャンネル登録者を伸ばすためには需要があるジャンルで

投稿しないとかなり厳しいです。

本人がプロレベルの映像&編集クオリティであればマイナーなジャンルで独り勝ち

もあり得るかもしれませんがこのページを見ているという事はそういった技術は

持ってないと思います。 

やり始めたばかりのころはオリジナル動画を投稿しても誰にも見られないので

需要がある人気ジャンルで勝負しましょう! 人気ジャンルで1年やって

最低1000人のチャンネル登録者が増えなければ単純にセンスが無いので諦めた方が

良いと思います。 今後素人の動画はどんどん見られなくなってくるので

無理に続けても厳しいです。 チャンネル登録者1000人でさえチャンネル全体の10%以下

なのでほとんどのチャンネルは1000人未満です。

人気ジャンルの探し方は簡単で急上昇ランキングをみたり、

チャンネル登録者より多い再生数を叩き出しているチャンネルのジャンルを参考にしたり

しましょう。 

リサーチする時は顔出ししているチャンネルよりも顔出ししていない

チャンネルを参考にしましょう。

顔出ししているチャンネルの場合

「そのジャンルが人気なわけではなくその演者が人気なだけ」

といったことが考えられるため参考にならないことが多いです。

2:視聴者が求めてる動画を投稿する

昔のyoutubeでは「好きなことで生きていく」といったCMが流れていたと

思いますがあれは間違いです。 自分が好きなことと視聴者が見たい動画が

合っていると伸びていきますが多くの場合はそうではありません。

視聴者が求めている物を作る必要があります。 これがやり始めたばかりの人は

勘違いしている人が多いです。

これを理解しているとチャンネル登録者2800位でも投稿して5日で10万再生を

叩き出す動画を作り出せるようになり、チャンネル登録者も一気に伸びていきます。

伸ばしたければできるだけ関連動画にのりそうな動画を投稿する

それだけですね。 オリジナル動画はある程度固定ファンができてからでも

遅くはありません。

個人的にはチャンネル登録者が少なくとも数万人いるくらいじゃないと

オリジナル動画はやめた方が良いと思います。

3:編集時間はほどほどに

動画をある程度投稿してると分かってくると思いますが

編集や撮影に凄く凝っても伸びなかったり、あまり力を入れていない動画が伸びることが

多々あります。 編集に力を入れすぎた結果投稿頻度が空きすぎると

逆効果となってしますので編集時間よりも視聴者が求めている動画の企画に

注力しましょう。 企画が優れていれば多少編集レベルが低くても

視聴者は最後まで見てくれます。

以前youtubeの動画を編集する場合のメリットデメリットをまとめた記事を書いてますので

よろしければそちらの記事を見て頂ければと思います。

やり始めのころは最低でも週3本投稿することを目標に頑張ってみましょう

よく毎日投稿にこだわる人がいますが、やり始めのころはクオリティも

かなり低いと思うので質の低い動画を量産しても意味はありません。

それよりも週3本で良いので最低限視聴者が最後まで見られる動画を作りましょう!

4:炎上は避けよう!

最近「迷惑系youtuber」等といった周りに迷惑をかけ動画を投稿する人が

いますが真似をするのは絶対にやめましょう! 長期的に見ると良いことなど一つも無いです

基本的にお金に魂を売ってる人なので無視しましょう。

あれをやった所で自分が年を取った時に虚しいことに気づくだけです。

あと炎上するとそれを切っ掛けにアクセスが増えてチャンネル登録者が

増えるといったことが有りますが、炎上でチャンネル登録をする人は

「コイツのチャンネルを登録してるとまた炎上するかも」といった

面白半分で登録する人がいるだけで熱心なあなたのファンではありません。

数カ月経てば無駄にチャンネル登録者が多いだけで中身が無いチャンネルとなります。

チャンネル登録者の数もただの見せかけで実力は全くありません。

ただの裸の王様なので真似はしないようにしましょう。

あと強烈なアンチが沸き、道を歩いてると怒鳴られたり殴られたりするので

絶対に止めましょう!

youtube動画再生数以外の収益確保も念頭に入れよう

ここ最近vtuber(キズナアイ等)や芸能人などがyoutubeに参入し

競争が激しくなり、動画1本あたりの単価も大幅に上がりました

広告収入だけではとてもじゃないですがチャンネルを運営していくことはできません。

動画を1本作るのにもお金が掛かります。

高いものだと1本数万円から数十万円かかります。

無料でも動画は作れますが誰でも作れるという事はその分埋もれやすいです。

無料で質の低い動画でも視聴者が見てくれるのは数年前から

活躍してる有名youtuberだけです。

今から始める人がマネをしたところでよほどのキャラクター性が無いと伸びないです。

なのである程度の資金力を付けるため案件や提供又は

自分独自のサービスを展開していくことになるのですが

案件に関しても私はテレビ局から映像提供の依頼が来たり

企業さんから依頼を受けて商品をレビューしたら気に入って頂いて

引き続き商品提供を受けたりしています。

ここで案件とか提供なんてチャンネル登録者が多くないと来ないでしょ?

と思ってるかもしれませんが、私がチャンネルを運営していて

一番最初に提供依頼が来たのはチャンネル登録者がわずか137人の時でした。

別にyoutube以外のtwitterやインスタグラム等の

外部から視聴者を引っ張ってきているわけではありません。

自分のサイトもそこまでは多くありません。

自分のtwitterなんてフォロワー50人ほどしかいないですからねw

ですので登録者の数はあまり関係ありません。

チャンネル登録者が多くても炎上系やチャンネル登録者に見合わない

クオリティの動画を作っているチャンネルには依頼が来ることは絶対にありません

登録者が低くても動画の価値を正しく理解してくれる人は絶対にいます

諦めずに他のチャンネルよりクオリティの高い動画を作っていれば必ず

依頼は来ます。

この間ビックリしたのはyoutubeに投稿した再生数300程度の動画ですが

海外の有名なモーショングラフィックス販売サイトから依頼が来ました。

英語があまり理解できないので断りましたが

どんなに再生数が低くても価値を感じてくれる人はいます。

最初は商品提供のみが多いですがチャンネルの規模が大きくなってくると

1本数万円以上発生することもあります。

そうなれば今後のチャンネル運営資金に充てられるので

金銭的な問題からは解放され動画づくりに専念できます。

良く案件や提供動画を作ると面白くなくなるのでは?

という人がいますがそんなことはありません。

案件や提供を受けることによって短期的には視聴者の印象は悪くなるかもしれませんが

長期的に見ればそこで得た報酬でよりよいコンテンツを作れるので

メリットの方が多いと思います。

また私は提供商品をレビューしたことが多くありますが、

低評価が異常につくことも無く高評価の方が圧倒的に多いです。

その商品レビューをみて買って下さる方も当然いますし

感謝のコメントを視聴者の方がしてくれることも有ります。

なので案件や提供は気に入った内容であれば絶対に受けた方が良いです。

5 動画時間は5分間に凝縮

youtubeに投稿する動画の時間はどのくらいが良いの?とお思いかもしれませんが

やり始めたばかりの頃はできるだけ短くしましょう。

なぜかと言うと視聴者が長い動画を見るのは既に知っている人、つまり

有名youtuberであれば30分以上でも見てもらえますがやり始めたばかりの無名

youtuberの動画を30分も見たいと思いますか? 普通は思わないと思います。

ですので初めは5分位がちょうど良いです。

チャンネル登録者が1000人以上、過去12カ月の総再生時間が4000時間

超えていれば収益が発生しますが1000人を超えていないため短い動画で

構いません。 まずあなたが投稿した動画を最後まで見てもらえることが重要です

8分以上の動画には広告が複数貼り付けられますがそもそも1000人以下

なので関係ありません。 1000人達成してから徐々に長い動画を投稿していって

視聴者維持率を上げていきましょう! またもう一つ短い動画を投稿するメリットが

あって初めのうちは動画の作り方が分からず動画構成が見るに堪えないものが多いです

そのような状況で長い動画を作っても視聴者維持率が悪くなりチャンネルにとって

良くありません。

また30分の動画を作るのと5分の動画を作るのとでは労力が全然違います

いきなり長尺の動画を作ってやる気が無くなると思います。

5分の動画でしたら3日に1本くらいなら投稿できると思いますので

まずは短い動画をできるだけ無駄を省いて投稿しましょう。

無駄を省くためにはカット処理は必須です。

カット編集は基本的な作業なので1日もあれば身につくと思います

カットで無駄な部分を極力減らし、ある程度情報がまとまった動画を作れば

必ず見てもらえるはずです。

6 youtubeの動画は投稿してすぐに伸びない事の方が多い

投稿した動画が全く伸びない

始めはそんな感じだと思います。

youtubeというのは動画を投稿してから数カ月後に伸びることが多々あります。

ですので初めは気にせず自分の納得の行くクオリティの動画を投稿しましょう

また動画は大きく分けて3種類あり、

ショートレンジ型、ミドルレンジ型、ロングレンジ型の3種類あります。

ショートレンジ型の動画とは?

ショートレンジ型はトレンド要素が強い動画で新作ゲームや新商品、芸能ニュース等

投稿した瞬間からある程度伸びますが数カ月経つとその後ほぼ再生されなくなります

ただ新製品は同じことを考える人が大量にいるので現状有名youtuberしか再生されづらく

なってます。

ただ動画が当たればその爆発力は凄まじく、上の動画はチャンネル登録者2800位の時に投稿しましたが

投稿後5日で10万再生され1カ月程で16万再生されています。

ミドルレンジ型の動画とは?

続いてミドルレンジ型はある季節になると再生されるような動画で

桜の絶景の動画や花火、「小型扇風機を比較してみた」「ストーブを比較してみた」等の

動画です。 投稿時期によってはショートレンジほど初動は良くないですが

1年をまたいで再生されることがある動画です。

ロングレンジ型の動画とは?

最後にロングレンジの動画はトレンドではないが

10年先でも見れる動画のことです。

自分の動画ではこの前行った鳥取旅行の動画になります。

ロングレンジ動画は投稿時は有名youtuberでもない限り全く伸びないですが10年経っても

再生される可能性があるため投稿当初は100再生しかなかったのに

数年経ったら数万再生されてたなんてことは普通にあります。

基本的にはショートレンジ動画でトレンドを追いながら

チャンネル寿命を高めるためにロングレンジ動画も投稿していく

と良いと思います。

こんな感じですかね。 他にも何か書きたいことが見つかったら

追記したいと思います 

youtubeでは他にも色んな動画を投稿をしていますので

もしよろしければ右上のチャンネル登録ボタンから登録していただけると幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる