2020年買って良かったもの個人的お勧め商品を紹介します

みなさんこんにちはMaepikaです

2020年ももうすぐ終わりという事で今回は2020年に買った物の中から個人的に

買って良かった物を10個紹介していきたいと思います。

今年は結構色々買いました 自分にとって初めてが多かった年かなと思っています

カメラレンズに始まり、カメラボディ、春にはバイクを購入しました

バイクを買うと今度はキャンプをしたくなり、キャンプ用品を購入しました。

夏にはGotoトラベルで旅行がしたくなり、旅行用品やバイク用品を購入しました。

ただ今年沢山の出費になったので来年はもう少し出費を抑えられそうかなと思っています。

今回の内容はyoutubeで動画にしていますので記事を読むのが面倒な方は

動画を見て頂ければと思います。 この動画素材も含めて編集にかなり時間が

かかってるので見て頂ければ嬉しいです。 

それでは10位からいってみましょう!

10位 SONY α7c

10位はSONYのα7cとなりました。

フルサイズセンサーでこれだけ小さく軽いのは魅力的ですね

海外ではあまり売れていないみたいですが日本では人気の機種となっています。

このカメラはメインとして使うには多少物足りないですがサブカメラと

して使っています。 ボディを複数台持って行くとなるとできるだけ

荷物を軽くしたいので買って良かったと思っています。

また28mm~50mm付近の軽い単焦点レンズを付ければ軽量スナップカメラ

になるとことも良いですね。 欠点はやはり4k60が撮れない事と

価格がスペックの割にやや高いことくらいですね。

ライバルのパナソニックS5はクロップはされますが4k60pが撮れるのが

魅力的です。 ただそこの部分を削ってでもコンパクトにしてきたのは

開発者の情熱を感じますね。

またこのカメラは飲食店内の料理等を撮影する時にも使えると思います

飲食店の中ではあまりガチなカメラは使いたくないですからね

周りのお客さんに変だと思われたくないですしα7cなら見た目コンパクトカメラに

見えますからね。 ただ写真の写りはさすがのフルサイズセンサーカメラの描写で

映りも非常に良いです。 α7sⅢとの違いは幾つかあるのですが、まず

メニューが古いタイプなので使いにくいという事と手振れ補正がアクティブ手振れ補正が無い

事ですね 特にSONYは他社と比べて手振れ補正が弱いのでそこが欠点です。

レンズとの協調動作があれば超望遠もこなせそうですがSONYには無いので

超望遠レンズを装着しての撮影は三脚は必須かなと思っています。

9位 シマロン ワンポールテント

9位はキャンプ用品となりました。 今年はウイルスの影響で

殆どキャンプに行けませんでしたが一度使って気に入りました。

ソロキャンプをする場合どうしても自分一人で準備をしないといけないので

荷物を積んだり運んだりする時に少しでも軽い方が良いんでよね

現在人気のテントは4~5kgと重くファミリー用なんかは10kg超えたりするので

自動車じゃないと重すぎるんですよね。 このテントはポール込みで1.4kgぐらいなので

恐ろしく軽いです。 ただ欠点もありそれは価格が異常に高いことですw

なんとテントだけで9万円、夏用の蚊帳も含めると12万位します

良いテントを買えば長く使えると思うのであまり気にはしてませんが

それでも買うのに躊躇する値段ですねw

ただ色とデザインは気に入っていますし、ワンポールテントの特徴として

煙突穴が空いており将来的にストーブも設置できるのは評価が高いです。

キャンプに慣れたらいつか冬の泊りキャンプをしてみたいですね。

8位 GIVI 47ℓ リアボックス

8位はバイク関連用品のリアボックスとなります

自分が購入したバイクはビックスクーターのFORZAでFORZAには大きな

ラゲッジスペースがスペースがあるのですが1泊2日だとやや足りないんですよね

そこでこのリアボックスを購入しました。 耐荷重は3kgですが47ℓも収納できるので

バスタオルやレインコートまた旅行のお土産等大体の物は入ります。

FORZAのラゲッジスペースとリアボックスで1泊2日程度であれば余裕なので

わざわざパニアケースやシートバックを持って行かなくても良いのが気に入りました。

シートバックを付けてちょっとバイクから離れた隙に盗まれる可能性もあるので

非常に怖いですがこのリアボックスは鍵がかけれるので安心です。

まあプラスチックなので無理やり壊されるとどうしようも無いですが

鍵が付いてるのは安心ではあります。 デザインはシルバーを選びましたが

他にも色々あるので気に入った色を選択できるのもポイントが高いですね。

7位 GoPro Hero9

GoProはHero7を持ってるのですがHero9を衝動買いしてしまいました。

Hero9ではなんと前面に画面が付いて自撮りをしやすくなりました。

また多少カメラが傾いていても補正してくれるのでこれが非常に便利なんですよね

手振れ補正もHero7より強化されてますがHero7でも十分強力だったので

手振れ補正目的で購入するのは微妙な感じですね。 あとタイムワープも使ってみましたが

これが非常に便利ですね タイムラプスと違ってPCで処理をしなくて良く

撮影後は動画ファイルになるので使いやすいです。 まあ本格的な綺麗なものを撮りたければ

タイムラプスの方が良いですけどね。

Hero7と比べて大きさが大きくなり、重さも重くなりましたがミラレースカメラよりかは

軽いのであまり気にはしていません。 値段も6万円ていどなのでモトブログ用カメラとしては

非常におすすめできるカメラだと思います。

6位 SONY Planar T* FE 50mm F1.4 ZA Eマウント

6位はレンズになります。 自分は動画メインで活動しているので今まで50mm単焦点を

持っていませんでした。 このレンズは写真用として購入しましたが描写は物凄いものが

有ります。 欠点は単焦点レンズなのにかなり重い所ですね。 

α7cに付けて何とか利用できるかなといった感じです。

このレンズはポートレート用としても評価が高いのですが自分は風景や花を撮ったりして

楽しんでします。 明るさもF1.4と明るいので大きくぼかした花を撮ることができます。

値段は15万円程するのでかなり高いですが高いだけあって映りは非常に良いので

満足しています。

5位 パナソニック ズームレンズ 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH

5位もレンズですがフルサイズではなくマイクロフォーサーズのレンズになります。

マイクロフォーサーズはセンサーサイズが小さくフルサイズと比べて暗所性能やボケ量等は

劣りますが超望遠は得意です。 このレンズのヤバい所は換算400mmを手持ち撮影できる所です。

今までは換算200mmまでのレンズしか持っていないので鳥のアップは厳しいんですよね

換算400mmあると場所にもよりますが鳥のアップも余裕で撮れるので結構楽しいですよ

超望遠は鳥や動物だけでなく、工場夜景や花等にもおすすめなので一本持っておいて損は無いと思います

またtwitter等のSNSでは超望遠の写真は少ないので他と差別化できるといったところもポイントが高いです

今後このレンズのレビュー動画を投稿予定なのでぜひ見て頂ければと思います

またF2.8~4.0と明るい所もポイントが高いです。

4位 ソニー FE 24mm F1.4 GM

4位もまたまたレンズ 今度はフルサイズ用レンズとなります。

SONYの最高級GMレンズという事もあり映りは一級品です。

食べ物撮っても風景撮っても綺麗に映ります。 またSONYの特徴として

レンズが軽く小さいのでジンバルに載せやすいのも有ります。

またF1.4と明るいので夜の撮影も難なくこなせるのも良いですね。

α7SⅢと組み合わせれば鬼に金棒ですね。

先ほど紹介したα7cにはカスタムボタンの数と前ダイヤルが無いので

このレンズを付ける事によって絞りリングとカスタムボタンが一つ増えるのが良いですね。

3位 OLYMPUS ED 12-100mm F4.0 IS PRO

3位もレンズです。 動画を一人で撮るときはどうしても作業効率を意識しないと

いけないので便利ズームを使うことが多いのですがこのレンズは非常におすすめです。

便利ズームなのに描写が良くまたF値が4と固定なので動画に向いてます。

また24mm始まりなのも評価が高く、フルサイズEマウントのタムロンレンズは28mm~200mmなのが

気になりますね。 またオリンパスの超強力な手振れ補正も健在なので

ボディに手振れ補正が付いていないGH5S等にもおすすめです。

また最大撮影倍率も広角側で0.6なのも凄いですし、被写体に寄れるのもポイントが高いです。

現状便利ズームレンズはフルサイズ含めてもこのレンズがNo.1だと思います。

欠点は値段が高いことですかね。 

2位 α7SM3 ボディ

今までレンズばっかりでしたが2位はボディです。

α7sⅢは当初2018年中に出ると言われていましたが発売されたのは2020年今年でした

満を持して発売されたとあって完成度は非常に高いです。

自分は4k60pがクロップされない部分にこだわっているので

この点は素晴らしいです。 また4k120pまで撮影できるのも良いですね。

自分の基準フレームレートはバイクのシーンを入れるのもあって60pで撮影することが

多いのですが60pでもスローができるのは良いですね。

また画質は勿論AFも素晴らしく凄い速度で被写体にピントを合わせます。

ただAFは優秀ではあるのですが万能では無いのでよりこだわりたい場合はMFで撮影するとこを

お勧めします。 ボディの値段は40万円と高いですがこのカメラはそれだけの価値があるカメラ

だと思っています。

画素が1200万画素くらいなので本格的な写真撮影には向かないかもしれませんが

サブカメラに写真機を導入すれば問題ないかなと思っています

かなり高額になるのが欠点ですけどねw

1位 FORZA 250cc

さて今年の1位はバイクとなりました。

今年はコロナの影響もあって遠出はあまりできませんでしたが

それでも買って良かったと思っています。

当初PCXを購入する予定でしたが長距離ツーリングしたくて

FORZAを買いました これが正解で高速道路は快適に走れます。

またラゲッジスペースも広くフルフェイスのヘルメットを入れてもまだスペースがあります。

FORZAに標準搭載されている風防もお気に入りで電動なので

高速走行時は長くして下道は短くするなんてこともできます。

また燃費もリッター34kmは出るので大阪から鳥取までガソリン補給なしに移動できるのは良いですね

音も静かなので長時間乗ってても疲れないのも良いです。

バイクのシートにはゲル素材を入れているのでお尻は痛くなりにくいです

ただ腰は痛くなるので結局お尻の位置や態勢を変えて走行してますけどね。

欠点としては新車で買うと65万もするので高いのと足つきが若干悪いこと

位ですかね 自分は普通に足が付くので問題ないですが気になる方は

試乗したほうが良いと思います。

以上となりました今年はyoutube活動用の機材が多かったですが

大体機材はそろってきたので来年の年末はカメラ機材は減るのではないかと思います

また今年は色々買い過ぎましたねw 来年はもう少し出費を抑えようと思います。

今はyoutubeのチャンネルとブログも含めて大赤字の状態が続いていますが

地道に続けていくことにより撮影や編集の技術が向上すると思ってるので

何とか頑張っていこうと思っています。

今後とも色々な動画を投稿しようと思ってますのでよろしければ

右上のチャンネル登録ボタンから登録していただければと思います

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事