youtubeでガジェットレビュー動画を投稿中

Nintendo Switch用PXNプロコンは果たして使えるのか検証してみた

皆さんこんにちはまえぴかです

今回はNintendo Switch用格安コントローラー PXNプロコンのレビューをしたいと思います。

記事を読むのが面倒な方は

youtubeで10分程度にまとめた動画を投稿してますのでよろしければご覧ください

動画なのでより分かりやすいと思います。

今回の記事ではNintendo Switch用 PXNプロコンの機能や良い点

気になる点などを紹介していきます。

目次

純正より2000円安い高コスパのPXNプロコン

この商品ネットでも注目されてるのですが特徴として値段がプロコンよりも安いです

Nintendo Switchの純正プロコントローラーは約6500円程するのに対し

このPXNコントローラーは4980円と約2000円安いです。

さらに私が購入した時はAmazonで1000円オフのクーポンを配っていたので

1000円引きの3980円で購入することができます。

Switchの純正プロコントローラーが高くて買えないという方や

兄弟が多く複数純正のプロコンとろらーを購入するのは金銭的に苦しい方には良いと思います。

PXNコントローラーの質感が良い

まず触ってみた感じなのですが純正プロコンよりも質感が良いなと思いました

触っていて気持ちいいです。 手のおさまりも良く、コントローラーはどちらかというと

XBOXのコントローラーに似ています。 右スティックと十字キーの間に

Tボタンがあるのですがこのボタンは連射設定する際などに使います。

スティックの感じはプロコンと同じような感じで使えると思います。

純正プロコンとの違いはL2 R2ボタンのストロークが深いのでFPS等を

プレイされる方は結構感触が違うと思います。

あと純正プロコンよりボタンが浅いですが押しやすさにそれほど違いは

ありません。 背面ボタンが無いのは純正コントローラーと同じです。

重量が純正プロコンよりもやや軽いので手の負担はより少ないです。

FPS向きかと思いきや・・・・

このコントローラー先ほども書いたようにXBOXのコントローラーに

似ていてFPSに向いてるのではと思いましたが、

Nintendo Switch用のFPSフリークを取り付けることができません。

これはスティックの大きさがPXNプロコンの方がやや大きいためで

普段FPSフリークを使っている方は他のコントローラーを買った方が良いと思います。

あともう一つ気になったことがありこれはyoutubeの動画を見て頂ければわかると思いますが

R2ボタンを連打して銃を撃つと何回かに1回は反応しないことがありました。

ソフトウェア的な仕様で制限されてるのかなと思いましたが

純正プロコンは普通に連射できたのでこのコントローラーの仕様だと思います。

ですのでFPSをプレイされる方は他のコントローラーを買った方が良いかもしれません

ただスマブラなどのアクションゲームは普通にプレイできるので

FPSをプレイしないお子さんなんかにはプロコンよりも安いですしお勧めです

さすがに家族全員分のコントローラーを純正プロコンにするとかなり高くつきますからね

カラーも4種類あり、安っぽさが全くなく近未来な感じがして個人的に好みの色合いです。

PXNプロコンその他の特徴

最近のサードパーティ製プロコンには大体付いている連射機能は搭載されてますし

ジャイロ操作もできます。 またamiiboも使うことができます。 もちろんSwitch Liteにも使えますよ

その他 3段階の振動機能やホームボタンでスリープからの復帰もできます。

純正プロコンよりも安くて機能は豊富なのが良いですね。

カラーは全部で5色ありどれも個性的なカラーとなっています。

カラーのデザインに関してはかなりカッコいいなと思いました。

最後に良かった点気になる点

最後にこのコントローラーの良い点気になる点を箇条書きにします

良い点

  • 質感がかなり良い
  • 2時間の充電で20時間使える
  • 純正プロコンより安い
  • デザインの配色がカッコいい
  • amiiboが使える

気になる点

  • FPSフリークが使えない
  • R2ボタンを連射すると反応しないことがある
  • 背面ボタンが無い(自分はあまり気になりません)

まとめるとFPSをあまりプレイしない人には純正よりも

安いのでお勧めだと思います

逆にプレイする人は別のコントローラーの方が良いと思いました。

今後とも色々なゲームガジェットのレビューをしていこうと思ってますので

もしよろしければ右上のチャンネル登録ボタンから登録していただけると

ありがたいです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる