S1R S1を見送った理由

自分のyoutubeチャンネルではGH5、GH5S、G8と三台のカメラを使用しており、

「フルサイズカメラを今後導入する」と雑談でも言ってたので

S1,S1Rを購入するのかと思ってる方もいるかもしれません。

ただ結論から言うと見送ることにしました。今回は見送った理由について書いていこうと思います。

バリアングル液晶では無い

youtubeでは自撮りをするのでバリアングル液晶で無いのは致命的です。

当初外部モニターを導入しようかと思いましたが数万円しますし、机の上に色々置きたくないので

youutberにとってはバリアングル液晶は必須だと思います。

他のフルサイズと比べて大きくそして重い

S1で重さ 899g  S1Rで898gあります。ここからさらにレンズを付けることとなります。

室内撮影では基本的に三脚を使用するので重さに関しては重要ではないかもしれないですが

動画撮影後、サムネイル用に写真も撮りたいので三脚以外でも使用します。

現在は室内のみでサムネイル用の写真を撮ってますが、今後外でも写真を撮りたいとなった時に

この大きさ、重さはきついのではないかと感じました。

現状、欲しいレンズがない

パナソニックは、ライカ、シグマと三社で同じマウントを使いレンズを開発することに

なってますが、自分が欲しいマクロレンズはパナソニックの場合2020年以降になるみたいです。

シグマやライカが出すかもしれませんが不透明です。(ライカは高額なので基本除外)

また室内撮影用の発売時レンズでは50mm F1.4と24mm~105mm F4がありますが

室内撮影で単焦点50mmは非常に使いづらいです。自分の環境では24mm~30mmの広角で

撮影してるため、選択肢には入りません。写真用であれば欲しいのですが

値段がかなり高くとてもyoutuberが購入できるレベルのものではありません。

24mm~105mmに関しては使いやすいですがF4で大きくしかも重いので微妙な感じがします。

F2.8だとさらに大きく重くなりそうですね。

結論

今回のパナソニックのフルサイズ機はプロの写真家向けみたいなので

動画向けの機器が出てくれば買うかもしれませんが写真向けレンズと動画向けレンズを

同時に開発するのは無理があるのでレンズのラインナップが

魅力的ではないのが見送った理由の一つでもあります。

これが24mm~30mmの明るい単焦点レンズが出れば買ってたかもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事