2019年6月にyoutubeのガイドラインが変更され、

広告が表示されないコンテンツが拡大されました。※ただしポリシーは変更なし

元々炎上目的や個人や団体の誹謗中傷をすることはポリシー違反でしたが

ここにきてこれらの動画に広告が一切付かなくなるのでは?といった

ことがyoutubeやSNS等で話題になっています。

炎上系のyoutuberに欠けていること

これは言うまでもないですが広告主のことをなにも考えてないということです。

以前ある芸能人が番組内でCMの合間にトイレに行けといった発言をしていたことが問題になり

スポンサーが不快感を示したため、放送業界では禁句になっています。

youtube上の動画も広告がついているということはある意味スポンサーです

こういうやつらに欠けているのは「自分の動画の合間に広告を入れてやってる」のではなく

「広告の合間に自分の動画を入れさせてもらってる」といった意識が無いために起こります。

自分は色々なジャンルの動画を見ていますが炎上系の動画は

「お金に魂を売った人であって」動画クリエイターではありません。

こいつらに共通するのはyoutuberをやり始めた時と数年たった時で編集や撮影のレベルに

殆ど変化がありません。彼らはただひたすらカメラの前でしゃべっているだけ

こんなものはそのうち広告が付かなくなることぐらい人間の脳みそを

持っているのであればわかるはずです。

当然動画レベルが著しく低いので多くの視聴者に見てもらうためには

過激な内容になってしまうことが多いです。

過激な内容の動画を長年続けていくと当然悪口を言われた個人や団体又は

その個人のファンから強烈に恨まれることになります。

海外youtuberの話ですがある組織を痛烈にバカにしたような動画を

投稿したyoutuberがその組織に報復され射殺されるという事件がおきました

また道を歩いていると大声で怒鳴られたり、後ろから金属バットで殴られたりと

普通に道を歩くだけでも怖くなってくるみたいです。

一度過激なことをしてしまうと視聴者にとってはそれが基準となってしまうため

だんだん過激にしていかないと視聴者がついてこなくなります。

こうしたチャンネルの末路はyoutubeにBANされるか

恨まれたアンチに攻撃され精神病になってやめるかの大体2択となっています。

日本人は優しいみたいなので今のところ大物youutberと大物youtuberが

名誉棄損で訴訟沙汰になることはまだ少ないですが、悪口を言われたyoutuberは

訴訟で圧倒的に有利なため今後増えるかもしれないですね

悪口を言われた方は基本的に訴訟に勝てるので好感度が上がることになるので利用する人が出てくるかもね

動画のネタにもなるしね。「大物youutuber○○に訴訟を起こしてみた」みたいなね

ソレデモツヅケマスカ?

今一度考えてみましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事